こんな人も生きてます。

強迫性障害を患う、とある主婦の日常。

夢が詰まった危険なアイツ・2

f:id:konhito:20181006145137j:plain

お気に入りの物は全力でギュっとするスタイル。

子供は皆、聞き分けが良い子とは限らない

飴断ったら風船もらった話なんて、ラッキーじゃない?って思う人の方が多いかもしれません。

紐が付いた風船なんて普段見かけない物だし、子供がキラキラした目で風船を見るその笑顔は確かに、貴重です。

 

でも息子は紐を握らず風船をギュッとするんです。店員さんからしたらそんなのわからないですよね…そこを察しろと言う方が無理な話…!!

 

そして、店員さんの(子供の笑顔が見たい)という想いから持ってきてくれた風船と、風船が近づいてくるにつれて輝きを増す息子の眼差し…!

 

ここ遮ったら私、100%悪者じゃないですか…。

本当、何で私はあの時、素直に飴をもらわなかったんや…orz

 

私、風船が割れる音とか駄目なんです(音自体よりも「割れそう、割れるかも」という恐怖そのものも駄目なんですが)。

 

そして、家で割れる分には被害を受けるのは家族だけですが、店内で割って二次被害(驚いた人が物を落としたり倒れたりする)が出た時が怖い。

 

そして夫は車内で割れてハンドル操作を誤る事を恐れてました。割れるかもな…と思ってても実際割れたら絶対驚く、とのこと。確かに…。

 

店内では恐る恐る息子の手の力の入れ具合に注視しつつご機嫌とりつつ帰りました。

そして車に戻りチャイルドシートに乗せるどさくさに紛れて風船は安全な場所に移動させました。

 

風船…それは、夢が詰まったちょっぴり危険なレアアイテム…!

 

スポンサーリンク
他の漫画をご覧になりたい方はこちらからどうぞ!