こんな人も生きてます。

強迫性障害を患う、とある主婦の日常。

非協力的な息子・1~おんぶ~

f:id:konhito:20180930211026j:plain

息子が私に非協力になる時の話。もう1話続きます。

小さい頃、肩車はマスターできたんですが、今は私の首が逝きそうで抱っこ一択です…私の腰が逝く日も近い…。

ドラマや漫画でありがちなおんぶだけど…

何気におんぶってハードじゃないですか?両手塞がるし後ろにずしっとくるし、子供の顔見えないし…おんぶ紐のサポートがあれば大分マシだけど、サポート無しのおんぶは無理ィィィィ…!

 

でもね、おんぶって映えるんですよね。

 

夕方川辺をおんぶして歩いて、たわいの無い会話する親子とか、ドラマや漫画でよく見かけるじゃないですか。マジ微笑ましいじゃないですか。

 

私も凄く小さい頃、夜、園のお祭りか何かの時に母におんぶされてた記憶があるんですよ。

その想い出には特に違和感も無くてね。純粋に温かい思い出なんです。

 

そう思うと、やっぱりね一回位は「おんぶの想い出」を味わってみたいので気長にやってみ…でも、あれ?あの時母、おんぶ紐使ってたような…。

 

………うん、おんぶ紐使ってたわ、あれ。

 

……おんぶ紐があろうがなかろうが、親の背中に安心して顔を寄せる事が出来たなら、それは素敵な想い出になるのかもしれませんね(急にポエミーな事を言い出す)。

 

スポンサーリンク
他の漫画をご覧になりたい方はこちらからどうぞ!