こんな人も生きてます。

強迫性障害を患う専業主婦がつづる日常や育児の絵日記ブログ。

命がかかった無理ゲー(後)

f:id:konhito:20200918173216j:plain

何一つ解決してないけど、しょうがない…!!

誰かに仕方がないって言われたかった

世の中の人の大半は「自分のせい」になるのが怖いと思うんですけど、私はそれが人の3倍位凄く怖いです。SRPG風に私のスペックを説明するなら私には確実に自罰特攻(※自分のせいで何かが起きたら必要以上に自分を責める)がついてます。その自罰特攻を食らうのを恐れて過度に不安になる自罰不安もついています。どちらもかなり人を生きづらくさせる特性です(※造語です)。

 

自分が対処できる時に対処する分にはそう大変な事ではないのですが、寝てる時にブンブンされたり、そもそもブンブンを止められなくて何かが起きたり、そういう時に「私のせい」になるのが本当に怖かった。「言い訳して、見てなかっただけでしょ?」としか言われなさそうで。実際息子より寝落ちが早い事も多かったり、四六時中息子を見ている訳でもなかったので言われておかしくない状況ではあったのですが。

 

ただでさえ子どもを大怪我させた親。もう失敗は許されない的なプレッシャーがある中で、医者が「それはしょうがない!」と言ってくれた。許された瞬間、とても心が軽くなったことを覚えています。

 

高速ブンブンで何かが起きていたらこういう事も書けなかったと思いますが…息子は今元気に生きている今の状況に感謝しています。