こんな人も生きてます。

強迫性障害を患う専業主婦がつづる日常や育児の絵日記ブログ。

胃腸炎デビュー・5(※汚話注意)

文は汚話なので、苦手な方は注意。

f:id:konhito:20190317120734j:plain

しかし「助けて」だけだと相手が状況を推測できない、という理性が発動し最終的には「助けて OS1持ってきて」という夢と現実を混ぜ込んだメールを送りました。 

最初の一回を吐くまで~吐いた直後が一番苦しい。

最初の一回で出る物が全部出したら、随分楽になりました。固形を出すのが苦しいけど、液体を出すのはそれほど苦しくないのだと勉強になりました。

 

どうしようもなく辛い状態だと楽になりたいの一心ですが、体が楽になって余裕が出てくるとすぐ(これって「助けて」ってメール送るチャンスじゃね!?)と思うあたり私は一体何に憧れているのか…

 

そして、昔1人暮らししていた頃、深夜(23~24時頃かな?)寝返りを打った際にビックリしたクロ(猫)に思い切り足の裏を抉られて出血してしまった際、当時交際を開始してまだ日が浅い夫に

「猫に足の裏をえぐられて出血しました。明日の朝10時までに私からメールが無かったら様子見に来てください。」

とメールを送って寝直した事を思い出しました。夫は何故私と結婚したのか…。