こんな人も生きてます。

強迫性障害を患う、とある主婦の日常。

怒りをこらえた先に喜びがあった話・2

f:id:konhito:20180725225815j:plain

正直、駄目元で試してみたら、上手くいったの…!

息子の行動パターン

私が暗い表情をした時や

低い声を感じるとまあ、察します。

 

そこで大人しくしてくれたら

助かるんですが、結局この時って

悪い事したって罪悪感より

お母さん怖いって感情が強いみたいで

泣いたり意地になったり

パニックになったり…。

 

もうね、分かってるんですよ。

私が不機嫌になると絶対

息子も不機嫌になるって分かってる。

 

でも不機嫌になる時って、

あーもう、不機嫌になろうっと!

ってなるもんでもなくて、

自然になっちゃうものじゃない?

 

だからいつも不機嫌になっちゃって

悪循環に陥ってしまう訳で…。

 

今回は床に散らばった

カリカリの片付けという面倒臭さと

ここで泣かれたらマジ最悪という

マイナスの要素が重なって

「今ここで不機嫌になってもしょうがない」

というプラスの結論に至った訳です。

 

ただ、そうは言っても正直

(投げつけてくるかな?)と半ば

諦めの境地だったんですが、

意外にも聞き入れてくれたんですね。