こんな人も生きてます。

強迫性障害を患う、とある主婦の日常。

子供のペースと私のペース。


全私が泣いた。

遊ぶ事に満足するんだ…。

不思議な話ですが、私今までずっと、 息子の「遊びたい」に限界は無い (言わなければずっと遊んでる) と思ってました。

だから、泣かれても嫌がられても 親が途中で切り上げなければいけない。 30分遊ぼうが2時間遊ぼうが 結局遊びたいのだから終わる時は泣く。 そう思ってました。

でも、音楽があって2、3時間 見守る事が割と平気になった私は お昼ご飯の時間が来ても嫌がったら

(別にご飯なんて数十分 遅れたからどうって話でも無いし 遊びたいんなら遊ばせればいいか…) と思えるようになって遊ばせてたら

何と言う事でしょう… そのプラス数十分で満足した息子は 自ら玩具の電源を 切ったではありませんか…!!

何かその姿を見て (ああ、ちゃんと満足したら 泣かずに動いてくれるんだ) と感動してしまいました。

長かった…ここまで来るの 本当に長かったわぁ…。