こんな人も生きてます。

強迫性障害を患う、とある主婦の日常。

割と誤解されてる気がする事。


同じようで同じじゃないの。 当たり前だけどねッ!

病院に行く事の難易度

「子供を病院に連れて行く」 そのミッションは難易度が 低いとは言わない(子供による)が まあやって出来ない事ではない。

検診、予防接種、発熱など 幼い子供を病院に連れて行く状況は 割と早いうちから経験するので 何となく手馴れてくるし、 連れて行く先も小児科や 子供に慣れてる所が多い。

だがしかし…自分が具合悪い時に 元気いっぱいの子供を連れて 子供向けではない病院に 行く事のハードルの高さッ…!

だけど前者のノリで 「家にいるなら具合悪くなった時 すぐに病院行けるでしょ?」 って言う人がいるのよ…。

違う、違うのよ…分かって、夫。

私これに関してだけは ただ面倒臭いだけで 病院に行かない訳じゃないのよ

病院の待合室で愚図る息子を 想像しただけで辛くなるから ただひたすら家で寝転がるのよ。

いいの…家でならいくらでも グネグネゴロゴロドンドン 足バタバタされても 奇声上げられてもいいの…。 誰も見てないから…。

見られていなければ 誰も傷つかないのよ…!

…という、ちょっとした愚痴話。

あれやで、具合悪いお母さんは 遠慮なく一時預かり 使えばいいんやで…。

その一時預かりまでの道が… 果てしなく遠かったり するんやけどな…。