こんな人も生きてます。

強迫性障害を患う、とある主婦の日常。

夫の器の大きさ、計れない。

1コマ目で(駄目だこの人…!)と思った人は お互いの為に見ない方が賢明です…!
ただ1つ言えるのは、 こんな女の夫が務まるのは この人だけだろうなという事…。

隠せないジャイアニズム

夫の靴下は平気で履く割に 人から物を借りるのは凄く苦手です。

正直、借りる位ならお金払って 自分の物にしたい。気を楽にしたい。

例えば職場で傘を忘れて 同僚から「傘貸そうか?」と言われたら (もし万が一壊したら…汚したら…) で頭が一杯になってしまって 挙動不審になった挙句、借りない。

そこに「敵意」や「嫌悪」は無いんです。 ただただ「迷惑かけてしまう恐怖」しかない。 汚れても良いよ、気にしないよと フォロー入れられても怖いものは怖い。

なのに夫の靴下は平気で履ける。何故か?

やっぱ心の何処かで 「夫の靴下は私の靴下」 って思ってるからだろうなぁ…。

とりあえず近いうちに 靴下買ってきます…多めに。