こんな人も生きてます。

強迫性障害を患う専業主婦がつづる日常や育児の絵日記ブログ。

とあるデブスの20年後。


そこは「俺にとっては凄い美人」とか 言ってほしかったロマンス…。

それなら締切りダイエットちゃんと 成功させろって話ですね、サーセン。

何の努力もせずに美人という 肩書きを得ようとした私が甘かったぜ…。

でも散々容姿貶された身としては 並になれただけでも 十分嬉しいんだ…へへっ…。

昔は酷かった…。

学生時代が一番酷かった…。 その頃に比べて20kg以上落ちたけど その痩せた内訳が

酷い食べ盛りを過ぎて-5kg 鬱で食欲無くなって-10kg 自転車通勤数年-5kg

というあまり参考にならない話。 ダイエットも色々試したけど 続かなくてねぇ…。

自転車通勤は環境の都合や 交通費の節約で始めた事だけど 結構楽しかったわぁ…。

そう言えば、社会に出ると 意外と皆、面と向かって 悪口を言ったりしない事に驚いた。

クスクス笑われたり 気づかれるように言われたり、 嫌味たらしい悪口を言って 反応を楽しむような真似は されなかったのね。

単に職場運が良かった だけなのかもしれないけど、 それが凄く楽だったわぁ…。

そして何だかんだで痩せると 若さ補正も加算されて 人当たりが結構変わった。

人は見かけが100%…とは 言わないけど、まあ 60%はあるよね…と思った。

後、恋をすると綺麗になる って本当だったわぁ…。 結構みだしなみに気を使う ようにもなるし…。

化粧とかも色々挑戦する 気になったりするし、 世界がちょっと変わるのよね。

まあ…美人にはなれなかったし 色々訳の分からない物患ったり、 何だりかんだり色々あるけど、

今は一応平和な生活を送れてる 元デブスがここにいます。

20年前の同級生達…。

励ましてくれたあの子も 平和な生活送れてたらいいなぁ。

「いつか悪口言う奴 見返してやろうね!」 とも言われた気がするけど

同窓会とか行く気 全くしないわぁ…。

自分が散々けなした人間が そこそこ良い人生歩んでたら 絶対「面白くない」 と思う人、いるでしょ?

だから彼らの中では私は 不幸で醜いデブスのままでいる。

その方が、お互い、幸せ。