こんな人も生きてます。

強迫性障害を患う専業主婦がつづる日常や育児の絵日記ブログ。

私がハーネス付きリュックを買った理由。



これは、ちゅー太が生まれる前の出来事です。 赤信号で待っている間に起きた事なので、時間にして約2~3分位。 その短い間にあの子は横断歩道の信号を無視+飛び出しをした訳です。

あの子の親はこの事を知らないと思います。 急ブレーキの車はその後普通に走っていったし、 周囲の人も親に何か言いにいく様子もなかったので。 (この状況で注意しにいける人ってそうそういないと思うわ…。)

事故になっていたらニュースになったかもしれません。 でも事故になってないから何も騒がれる事なく、 何があったかを知る事も無く平和に生きている。

事故になったら子供もあの急ブレーキかけた運転手も コンビニから出るのが遅れた親も皆不幸になったと思います。

親がどれだけしっかり見てても、気が緩む時はあります。 突然知人に会ったり、急に重要な電話がかかってきたり、 レジで会計してる間に子供が飛び出したり…。 気が緩んだ時に事故が起きるか起きないか、なんですよね…。

だから緩んだ時のセーフティガードとして ハーネス付きのリュックを買いました。

ハーネスを強く引っ張って転んでしまったり…とか 別の危険性はあるので、そこは重々気をつけたいと思っていますが、 少なくとも第三者を巻き込む事を防げる点で気休めになってます。

子供って、親が思う以上に活発で突拍子も無いことしますよね。 親になって、自分の子供時代を振り返ってみて寒気がします。 あー…できる限り危険の芽は摘んでいくつもりだけど 親の目の届かない所で事故に合わない事を祈るのみだわ…。