こんな人も生きてます。

強迫性障害を患う、とある主婦の日常。

天才の育て方を実践してみたら…。

大分前にTVで、14歳で海外の大学通ってる天才が 小さい頃こんな事してましたよ~って特集をやってて、 その中に「2つの服からどちらかを選ばせる」があった。

簡単だしやってみた所、数日で選んでくれるように なったけれど、もう明らかに「何でも良いです」状態。 もしくは「私の左手にある服を掴む」事に拘っているのか…。

私、最近どうもちゅー太を他の子と比較しては 落ち込む傾向にある。発達遅い、って分かってるのに。 天才と同じ育て方をしたからって天才になるとは限らないのに。 「どうして…」って考えが色々よぎる。

まあ、そんな時は(私の子だからな!) (生きて、成長してるだけでも御の字!)って 結論付けて深く考えないようにしてるけど。 それでもつい高望みしてしまう自分が面倒臭い。orz

何にせよ、これ以外で普段あまり「選ぶ」って経験を させてないので、これからも続けてみます。

そのうち好みが出てくるかもしれないし、 好みが出てきたらそれ系の服を買えば良いし…。

ちゅー太はどんな服を好きになるのかなぁ…。

2017.08.14 「右手」を「左手」に修正しました。