こんな人も生きてます。

強迫性障害を患う、とある主婦の日常。

息子がりんごを喉に詰まらせた話・3



念の為言いますが、これは私の体験談でしかありません。 同じような状態で、同じような状況でも、同じ結果になるとは限りません。 だから私は「私は大丈夫だったから、貴方も大丈夫!」とは言えません。

こんな時って病院行くべきか、救急車を呼ぶべきなのか、様子見でいいのか…迷いますよね。 今回は#8000(小児救急電話相談)に電話しましたが、子供の病気や事故について 救急案件かどうか判断の目安を出してくれる子供の救急というサイトもあります。

そして、この時痛感したんですけど、こんな時でも救急車呼ぶのって躊躇してしまう…。 救急車の安易な要請がどうって騒がれてる中、#8000の存在は本当にありがたかった。 自分で判断するとなると(これ位の事で救急車って…とか思われるかな…)って考えちゃって…。 この時は事故の原因が私のミスだから、後で責められる事も怖かったです。。 何であんな時でも自分の世間体を考えてしまうんでしょう…orz

…ただ、ぶっちゃけますが、私、ちゅー太の●詰まりで1回だけ救急車を呼んだ事あります。 きばり始めて15分位?肛門付近で中途半端な状態で●が全然動かない。 ずっと顔真っ赤で泣き叫んでて、このままじゃ頭の血管切れるんじゃないかと心配になって。 赤ちゃんは「大丈夫」も「大丈夫じゃない」も「気持ち悪い」も言えない。 とりあえず#119に相談してみようとかけたら状況を淡々と聞かれて 「お母様が心配でしたら救急車手配します」言われて「心配なんでお願いします。」 って流れで…はい、浣腸されました。それ以来家でも浣腸常備してます…こんな人も、ここにいます。